老後2000万円問題についてもう少し深く考えてみた

老後2000万円問題についてもう少し深く考えてみた

経済的な不安が全く無い人を除いて、皆さん老後に少なからず心配をお持ちだと思います。

そこで老後2000万円問題について改めてもう少し深く考えていくことにしましょう!

シンクロニシティHP

そもそも老後2000万円問題とは?

老後2000万円問題とは、2019年に金融庁の金融審議会「市場ワーキング・グループ」が公表した報告書をきっかけにした騒動のことで、多くのマスコミなどでも取り上げられましたよね!

現在は「人生100年時代」と呼ばれるかつてない高齢社会を迎えようとしています。

長生きできるようになったことは良いことですが、生きていくためにはそれだけのお金が必要になりますよね。

2000万円という金額になった理由

ここで人によってはある疑問が頭に浮かぶと思います。

そう!どうして「2000万円」という金額になったかということです!

この問題がニュースで流れているのを見て、多くの人が老後のためには2000万円手元に無いと生きていけないと思ったのでないでしょうか。

この金額は金融庁が提出した金融審査会市場ワーキング・グループ報告書がもとになっています。

平均的な家計収支

高齢者夫婦無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上で世帯主が無職の世帯)の平均的な家計収支が記載されていて、実収入が209,198円に対し、実支出が263,718円となっています。

あれ?収入よりも支出の方が上回ってしまっていますね!ということは毎月54,520円を貯金などから補填する必要があるということになります!

仮に30年の場合、月54,520円が30年続くと約2,000万円(19,627,200円)と約2000万円必要になることがわかりますね。

さらに65歳時点の金融資産は夫婦世帯において2,252万円となっているため、貯蓄を取り崩して生活することが予想されるということです。

一人一人の事情は異なる

この不足金額についてはあくまでも平均的な家計収支が元になっているため、一人一人事情が異なるということは重要な点だと思います!

持ち家か賃貸かというだけでも変わりますし、老後の主な収入である年金の受給額は、働き方や加入している年金の種類、年金加入年数、受給年齢、夫婦の年齢などによって、平均的な金額と差は様々に生じるはずです。

老後の資金のためにできることは?

ずっとお金を稼ぐことができれば良いのですが、なかなか難しい人がほとんどじゃないでしょうか。

そこで老後の資金のためにどんなことができるのか考えていきましょう!

自分の老後生活をシミュレーションする

老後が人それぞれであれば、まずは自分の老後をシミュレーションすることが大切ですよね!

厚生年金に加入していない自営業者などは、年金収入金額がこれよりも少なくなる可能性が高いですし、将来「有料老人ホームに入りたい」と考えている方は、その分の資金も考えておかなければなりません。

そういった自分の老後のライフプランをシミュレーションすることによって、いま自分ができることも見えてくるんじゃないでしょうか!

もちろん老後のために今の全てを犠牲にすると本末転倒になってしまいますので、何事もバランスが大事ですね!

生活費を見直す

報告書のケースでは、高齢夫婦無職世帯の平均実支出=毎月263,718円を元に試算をした結果、30年で約2,000万円が不足することを示しています。

新型コロナウイルスの流行に伴って、外出することも以前と比べてかなり減りましたよね。

経済のことを考えると大きな打撃となってしまいますが、こういったことが日頃の生活費を見直すきっかけになると思います!

また老後に持ち家ではなく賃貸物件で暮らそうと考えている人、老後にも住宅ローンの返済が残る人は早いうちに対策をしておきたいですね!

できるだけ長く働く

総務省のHPによると、高齢者の就業者数は年々増加傾向にあるようです!

たしかに僕の周りでも最近は定年を迎えても働く人が多い気がします。

60歳や65歳以上の人も元気であれば、働くことで収入や貯蓄の増加を見込めますので、老後の資金の不足の解消のひとつになりますね!

資産運用する

低金利が続く日本では、単に貯金するだけではお金が増やせないため、積極的に資産運用することも検討した方が良いと言えます!

金利が高めの定期預金に預けても、せいぜい金利は0.25%程度ですので、安心した老後を迎えるのは難しいですよね。

しかし、初心者の人がいきなり株やFXの投資で利益を得ようとしても、下手をすると老後の資金が無くなってしまう恐れもあります。

そんな人にこそSynchronicity(シンクロニシティ)のような投資方法を上手く利用することによって、豊かな老後生活を送ることができる可能性が大きく広がります!

皆さんも1度老後のことをじっくり考える時間を作ってみて、老後の資金をどうしていくか考えてみてはいかがでしょうか。

シンクロニシティHP
TOPページを見る